プラス de ムービー

ようこそ ゲスト 様 

03-3555-1203

info@plus-movie.com

(土日祝日を除く月~金曜日 9:00~12:00/13:00~17:00)

完全PDFデータ入稿について

データについて

いただいた完全PDFデータは、印刷可能なPDFデータになっているかをチェックいたします。『完全PDFデータ』でのご入稿をお願い致します。

※『完全PDFデータ』とは印刷するために修正の必要がなく、そのまま印刷可能なデータのことです。

完全PDFデータの形式について

弊社では下記のフォーマットに対応しています。
下記のフォーマットで作成された完全PDFデータがチェック対象になります。

Adobe

ソフトウェア フォーマット形式
Acrobat X-1a / X-4

※Adobe以外のソフトで作成された完全PDFデータは対応外です。

PDF/Xシリーズ(「PDF/X1-a」「PDF/X4」など)について

PDF/Xに準拠したデータでも再現されない機能や効果があります。
PDF/Xの規格によって透明効果が保持されない場合があります。

※透明効果を使用されていた場合での不具合については、弊社では保証はできません。
 ご了承ください。

カラーモードについて

カラーモードは必ずCMYKでお願いいたします。RGBのご使用はおやめください。
また、特色をご使用している場合は、PDFを作成する前に必ず特色をCMYKに変更していただくようお願いいたします。
特色のままPDFを作成しますと、透明の影響を受ける部分が消えてしまう場合があります。

フォントについて

フォントは全てエンベッド(埋め込み)された状態でのご入稿をお願いします。

オーバープリントについて

オーバープリントの設定はおやめください。

IllustratorデータからのPDF書き出し方法

PDF書き出しの前に

PDFでの入稿は絵柄が中心にくるよう書き出してください。

※PDF保存の際は、アートボードの中心に絵柄を配置した上で、PDFの書き出しをしていただけますようお願いいたします。

アートボードの中心と絵柄の中心を合わせる方法(CS4以降)

全てのトンボ(トリムマーク)を選択します。
選択した状態で『アートボードツール』を選び、プリセットの『アートボードを選択したアート(オブジェクト)に合わせる』を選択します。
アートボードの中心にトンボが配置されるようになります。

PDFへの書き出し方法

※手順に掲載されている画面は、実際のものと異なるものがあります。

「ファイル」メニューから「別名で保存」を選択し、ファイル形式「Adobe PDF(pdf)」を選び「保存」をクリックしますと、
「Adobe PDFを保存」ダイアログが開きます。

一般設定

一般カテゴリの設定をします。
「Adobe PDF プリセット」欄からカスタムを選択します。

■準拠する規格
「PDF/X-4:2010」を選択してください。
■オプション
「オプション」欄は、全てチェックをはずしてください。
「保存後PDFファイルを表示」は任意でお選びください。

PDF/X-4はPDF/X1-aの上位版で、印刷用のPDF書き出しに適した設定です。
※PDF/X-4では透明機能は保持された状態となります。
※PDF/X1-a形式でも、ご入稿いただけます。

圧縮設定

圧縮カテゴリの設定をします。

■カラー画像欄/グレースケール画像
「ダウンサンプルしない」を選択してください。
「圧縮」は「ZIP」を選択してください。
■白黒画像
「ダウンサンプル(ハイパーキュービック法)」を選択し、「圧縮」は「CCITTグループ4」を選択してください。

トンボと断ち落とし設定

トンボと断ち落としカテゴリの設定をします。

■トンボ
Illustratorの場合、お客様の方でトンボを作成していただきますので、「トンボ」欄は全てチェックをはずしてください。
■裁ち落とし
「裁ち落とし」欄は全て0mmに設定してください。

出力設定

出力カテゴリの設定をします。

■カラー
「カラー変換」の項目を「出力先の設定に変換(カラー設定を保持)」を選択、「出力」の項目を「Japan Color 2001 Coated」にしてください。
■PDF/X
「出力インテントのプロファイル」の項目を「Japan Color 2001 Coated」にしてください。

セキュリティ設定

セキュリティカテゴリの設定をします。

■セキュリティ
「セキュリティ」欄は、すべてチェックを外した状態にしてください。

「PDFを保存」ボタンをクリックしますとPDFが作成されます。
書き出されましたらPDFを開いていただき、サイズやフォントのエンベッド等をご確認ください。

InDesignデータからのPDF書き出し方法

PDFへの書き出し方法

※手順に掲載されている画面は、実際のものと異なるものがあります。

「ファイル」メニューから「書き出し」を選択します。
「書き出し」のダイアログが表示されたら形式を「Adobe PDF(プリント)」に選択して「保存」をクリックしてください。

一般設定

一般カテゴリの設定をします。
プリセットを「PDF/X-4(PDF1.6)」か「X-4(PDF1.6)」が含まれる物を選択してください。

■オプション
「オプション」欄は、全てチェックをはずしてください。
「書き出し後PDFファイルを表示」は任意でお選びください。

PDF/X-4はPDF/X1-aの上位版で、印刷用のPDF書き出しに適した設定です。
※PDF/X-4では透明機能は保持された状態となります。
※PDF/X1-a形式でも、ご入稿いただけます。

圧縮設定

圧縮カテゴリの設定をします。

■カラー画像欄/グレースケール画像
「ダウンサンプルしない」を選択してください。
「圧縮」は「ZIP」を選択してください。
■モノクロ画像
「ダウンサンプル(ハイパーキュービック法)」を選択し、「圧縮」は「CCITTグループ4」を選択してください。

トンボと断ち落とし設定

トンボと断ち落としカテゴリの設定をします。

■トンボとページ情報
「内トンボ」・「外トンボ」・「センタートンボ」の3つにチェックを入れてください。
■裁ち落としと印刷可能領域
「天」・「地」・「左」・「右」に「3mm」と入力します。
「ドキュメント設定の裁ち落とし」に、3mmを指定している場合は「ドキュメントの裁ち落とし設定を使用」にチェックを入れるだけで問題ございません。

色分解設定

色分解カテゴリの設定をします。

■カラー
「インキ管理」をクリックしてください。
CS2以降は「色分解」の中に「インキ管理」のボタンがございます。

■インキ管理
「全ての特色をプロセスカラーへ」にチェックを入れたら「OK」をクリックいたします。

「書き出し」ボタンをクリックしますとPDFが作成されます。
書き出されましたらPDFを開いていただき、サイズやフォントのエンベッド等をご確認ください。

CS4以降をご使用の方は、PDF書き出しプリセットに「X-4(PDF1.6)」が登録されています。
こちらの設定を元に「トンボと裁ち落とし」の設定を追加して書き出してください。
デフォルトの「X-4(PDF1.6)」設定では塗足しは書き出されません。